ネット副業錬金術
   
副業・副収入の確定申告
副業・副収入の確定申告なんて面倒だと思われるかもしれませんが、自分自身のお金の動きを把握することは、無駄遣いの防止にもなるし、やってみると、それなりに楽しいものですよ。

白色申告と青色申告の違いや、青色申告のメリットを解説します。確定申告に関しては、独立開業と切っても離せない関係ですので、「独立開業もアリ!」と合わせて参考にしてみて下さい。
 
副業・副収入でも何でも、一定以上の所得があれば
確定申告をしなければなりません。
 
会社員(アルバイト含む)の場合
 
会社でもらう給与所得以外の所得が、年間20万円を超える場合、確定申告が必要になります。20万円以下の場合、確定申告をする必要はありません。

所得とは、稼いだお金(収入)から、必要経費を差し引いた金額になります。例えば、ネット副業の場合、毎月のインターネット接続料金を、経費として計上することが出来ます。経費とは、収入を得るために必要となった出費のことです。

ネット副業で稼いだお金(収入)が、年間25万円だった場合でも、インターネットの接続料金が、月5,000円だとすると年間で6万円、
 
収入-経費=所得
 
ということで、年間の副業による所得が、20万円以下ということになるので、確定申告の必要はないということになります。
 
専業主婦など、本業による所得がない場合
 
所得が年間38万円を超える場合、確定申告が必要になります。38万円以下の場合、確定申告をする必要はありません。
複式簿記を覚えるために会計ソフトに慣れましょう
 
↓の方で確定申告に関してゴチャゴチャと理屈を書いてますが、「複式簿記」という形式で帳簿付けという作業をしなければなりません。それは後々覚えていけば良いですが、会計ソフトは絶対に必要なので、まずは、「やよいの青色申告」の体験版をダウンロードすることをオススメします。

パソコンが一般的になる前は、「複式簿記」というのは、高き壁だったようですね。確かに手作業でやるとなると、ものすごい混乱する作業ですね。

事業とは別に、「複式簿記」の勉強までするとなると、大抵の人が挫折…というより、最初から経理など自分でやることではなくて、税理士を雇う金もない人が、自分で事業を興すなんて、無茶だったわけです。

しかし今は、便利な「会計ソフト」があります。ソフトさえあれば、「複式簿記」の知識はなくとも、帳簿付けが始められます。知識を身に付けてから、いざ帳簿付けを始めるというより、ソフトをいじりながら覚えていくのが自然なやり方です。副業をやるにも起業するにも、敷居は確実に低くなりました。

トシも、「自分に青色申告など出来るんだろうか」と不安でしたが、別に誰に習うこともなく乗り切ってますから(書籍は買いました)、あなたに出来ないということはないと思います。やってみれば、それなりに楽しいですよ。試しに、家計簿を付けるつもりで、日々のお金の出入りを会計ソフトを使って記録してみましょう。

副業の場合、笑っちゃうような小額でも、試しに会計ソフトを使って記帳してみましょう。単なる練習ということになりますが、やるとやらないじゃ大違いです。


楽天 最安値
\8,220(税込)
  やよいの青色申告 12
最新バージョン:12 / メーカー:弥生株式会社 / 定価:\12,600 (税込)

会計ソフト売上No.1!売れているモノには理由がありますが、弥生シリーズの使用感、ユーザーインターフェースの見やすさなど、会計ソフトとしての総合力は、他の会計ソフトと比べても、常に1歩リードしているようです。

白色申告の場合でも、問題なく使えます。もちろん確定申告書の作成もバッチリ!トシもこれひとつで、ちゃんと確定申告できました。
まずはお試し!弥生シリーズ無料体験版ダウンロードはこちら
 
白色申告と青色申告
 
確定申告というのは、会社員をやってると、会社の経理が勝手にやってくれますから、意識しませんよね。しかし、いざ自分でやるとなると、「そういや確定申告ってどうすりゃいいんだ?」ってなるわけです。トシもそうでした。

確定申告をするにあたって、こういう不安要素が付いて回るわけですが、恐れることはありません。問題と向き合って、解決すれば良いだけです。トシでも出来ることですから、みなさんに出来ないということはないと思います。

まず最初に、自分で確定申告をするにあたって、収入に関わる領収書の類は、全て大切に保管しておいて下さい。これはもう、クセとして身に付けて下さいね。

確定申告には、「白色申告」「青色申告」があります。自分で確定申告をするためには、日々のお金の動きを記録する「帳簿付け」という作業が必要になります。

税務署というのは、間違って余分に税金を納めてしまった場合、そのことを指摘してくれません。「勝手に間違えたんだから、そっちが悪いんじゃボケ」というスタンスです。

逆にちゃんと税金を納めないと、指摘されるんですけどね。日々の帳簿付け作業をすることで、正確に税金を納めることが出来るのです。

そしてこれは、青色申告に限ってのことですが、「複式簿記」と呼ばれる複雑な記帳をすることによって、最高65万円の「青色申告特別控除」の特典を受けることが出来ます。

「控除」というのは、収入からお金を差し引くことで、控除額というのは、差し引いた金額のことです。当たり前のことですが、収入が高ければ高いほど、所得も高くなり、所得税率が上がりますから、控除される分、所得税が安くなります。

分かりやすい例を挙げると、代表的なのは生命保険です。会社員の方でも、年末調整の際、「生命保険に入ってる人は、証書を持ってきて」と、経理に言われたことがありませんか?生命保険料の金額を控除できるので、所得税を安くするために、わざわざ言ってくるわけです。
 
白色申告 … 面倒だから、副業の場合、こっちになってしまう人が多い(と思う)

記帳方法は、「簡易簿記」になります。法律で定められた帳簿ではありません。家計簿程度のものと考えて差し支えありません。それも、年間所得が300万円を超える場合のみ、帳簿作成の義務が生じます。

副業だけで、年間300万円を超える金額を稼ぐことなど、至難の業ですから、ほとんどの人は、帳簿作成の義務はないと思って良いでしょう。

とはいえ、義務として課されないというだけで、必要経費を把握する必要があるので、家計簿程度の入出金の計算は必要になってきます。やはり、帳簿付けが必要ということです。

収入に関わる領収書は、しっかりと取っておきましょう。義務ではないというのがポイントなんです。白色申告者は、所得が上がった場合も、確定申告は適当にやってもらった方が、国はありがたいんです。税金を多く取れますから。

上記解説の計算式、〔収入-経費=所得〕の解を、かなりテキトーに計算して導き出すことになりますね。白色の場合、そんな感じなんですよ。簡単ですが、特別控除はありません。また節税メリットもないです。

おまけに、確定申告に不備(書類が足りなかったり)があった場合、問答無用で税務署に勝手に処理(税金を多く取られる)されちゃいます。
 
青色申告 … 節税効果を考えると、副業でもこっちにしたいところですが…

記帳方法は、日々のお金の動きを「勘定科目」と呼ばれる集計単位に「仕訳(しわけ)」することによって、正確に税金の計算が出来る、法律によって定められた正式な帳簿記録で、「複式簿記」と呼ばれます。

最高65万円の「青色申告特別控除」をはじめ、様々な節税メリットがあります。税金面をはじめ、長い目で見ると、白色申告とのメリット差は歴然ですので、副業が軌道に乗った時のことを考えて、ぜひ青色申告にチャレンジしてみて下さい。

「個人事業の開廃業等届出書」、「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出することで、毎年の確定申告を青色申告にすることが出来ます。「独立開業もアリ!」と合わせて参考にしてみて下さい。
 
大まかですが、確定申告のやり方
 
とにかく、会計ソフトに頼りましょう。こと計算に関しては、人間より会計ソフトの方が、絶対的に優れています。

長期間の労力をかけて、複式簿記の勉強をするか、高額の料金を支払って、税理士さんに頼まなければならなかったことが、会計ソフトを使えば、誰にでも出来るようになったわけですからね。大いに活用しましょう。

ここでの解説は、確定申告までの流れを解説しており、かなり大ざっぱです。確定申告の解説をした個人サイトも沢山ありますが、やり方を間違えてしまうと大変なので、参考程度に留めて、その手の解説書の一冊ぐらいは、購入することをオススメします。

また、税務署にも遠慮なく電話して質問しましょう。親切に答えてくれますよ。答える義務があるしね。
 
白色申告の場合 … 提出期限 ⇒ 毎年2/16~3/15迄

年間所得が300万円を超える場合のみ、簡単な帳簿作成の義務が生じるため、会社員の副業の場合、ほとんど帳簿作成の義務はないと思って良いです。

副業だけで、300万円を超える金額を稼げるような会社員は、会社など辞めて、副業でやっている仕事に専念した方が良いかも。

★申告方法 …
トシは、白色申告の経験がないのですが(今後もないでしょう)、収入に関わる領収書は、しっかりと取っておきましょう。

年間所得が300万円以下であっても、帳簿作成の義務が課されないというだけで、必要経費を把握するには、帳簿付けは必要なんですが、把握せずとも、どんぶり勘定で済んでしまうのが白色申告なので、簡単ではあります。

簡単で済むということは、税務署側に処理を任せるということです。払う必要のない税金を払うことになるということです。その逆はあり得ません。やはり、お金の出入りは、しっかりと把握しておくべきです。「会計ソフト」を使えば、あっさり終わると思います。

会計ソフトを使う場合、「決算書」「確定申告書」を印刷するため、「プリンター」が必要になります。起業した人で、勤めていた会社の給料が、その年の所得に含まれる場合は、辞めた会社に連絡して、「源泉徴収票」をもらって下さい。

なければないで別に問題はありません。会社で源泉徴収された分の還付金がもらえないだけです。
 
青色申告の場合 … 提出期限 ⇒ 毎年2/16~3/15迄

★申告方法 …
「会計ソフト」があれば何とかなるんですが、「青色申告の解説書」の一冊ぐらいは、購入した方が良いかもしれません。書店で適当に物色してみて下さい。いっぱいありすぎて、どれが良いかさっぱり分かりませんが、見やすいもので良いでしょう。

会計ソフトに関しては、実際に使ってみないと、ピンと来ないと思いますが、日々のお金の出入りを、「通信費」やら「旅費交通費」やら「地代家賃」やら、簿記の勉強をした人でないと、よく分からない、「勘定科目」と呼ばれる集計単位に、「仕訳(しわけ)」する必要があります。

例えば、電車賃の支払いであれば、「旅費交通費」というのは、誰にでも分かります。何となくは分かるんです。しかし、わけの分からない勘定科目もいっぱいあります。

トシなりのアドバイスをすると、分からない場合は、自分の判断で適当に入力してしまうのがベストです。考え込むより入力です。「間違ってたらしょうがないんじゃボケ」というスタンスが大切です。

後でいくらでも訂正できるのが、会計ソフトの良いところですからね。正確には、アナログでも、いくらでも訂正は出来ますが、労力が圧倒的にかかるわけです。

それと、「プリンター」が必要です。最終的に、1年間の入出金を記録した帳簿データから、会計ソフトが計算して、「決算書」「確定申告書」を自動的に作成してくれます。この書類をプリントアウトして、税務署に提出することになります。

起業した人で、勤めていた会社の給料が、その年の所得に含まれる場合は、辞めた会社に連絡して、「源泉徴収票」をもらって下さい。なければないで、別に問題はありません。会社で源泉徴収された分の還付金がもらえないだけです。

そしてこれは、トシも最初は勘違いしていたんですが、1~12月までの、全ての入出金を記録した「帳簿」は、確定申告の際、税務署に提出しません。

「決算書」と「確定申告書」を提出すればOKです。帳簿と領収書などは、7年間の保存義務があります。「確定申告が終わったから、捨てちゃえ」というわけにはいきません。税務署の調査が入った場合、やばいことになります。
 
ネット副業を始める前に アフィリエイトで副収入 投資型副業で副収入 お役立ち情報 副業・副収入の確定申告
 
   
 
 
 
このページのトップへ
 
お問い合わせ | 免責事項 | メディア掲載履歴
当サイトで作成した画像・文章・企画・構成を転載することを禁じます。
Copyright(C) 2005-2013 ネット副業錬金術 All Right Reserved.